年収600万円以上の登録求人数でくらべてみました

kurabete
年収が600万円以上の求人数で求人サイトを比べてみました。まとめたデータは求人サイトで実際に検索して集計したデータです。

年収600万以上の求人が多い求人サイトはリクナビ

nensyu

このような結果になりました。年収600万以上の求人が多い求人サイトはリクナビのようです。

マイナビ薬剤師について

141013-0001

マイナビ薬剤師の「年収600万以上の求人数」は「784件」でした。

業種ごとの内訳

  • 調剤薬剤師:201件
  • ドラッグストア(調剤併設):191件
  • 病院:6件
  • 企業:3件
  • ドラッグストアOTCのみ:382件

リクナビ薬剤師について

141013-0002

リクナビ薬剤師の「年収600万以上の求人数」は「1445件」でした。

業種ごとの内訳

  • 調剤薬剤師:973件
  • ドラッグストア(調剤併設):509件
  • 病院:21件
  • 企業:3件
  • ドラッグストアOTCのみ:9件

薬剤師ではたらこについて

141013-0003

薬剤師ではたらこの「年収600万以上の求人数」は「84件」でした。

業種ごとの内訳

  • 調剤薬剤師:84件
  • ドラッグストア(調剤併設):73件
  • 病院:0件
  • 企業:0件
  • ドラッグストアOTCのみ:10件

ファルマスタッフについて

141013-0004

ファルマスタッフの「年収600万以上の求人数」は「1225件」でした。

業種ごとの内訳

  • 調剤薬剤師:700件
  • ドラッグストア(調剤併設):304件
  • 病院:11件
  • 企業:8件
  • ドラッグストアOTCのみ:283件

年収が高い薬剤師の求人が多いワケ

  • そもそもの取り扱い求人数が多い
  • 大手が運営している求人サイトだから

というような理由があります。求人を出す企業も人が集まらないと意味ないですからね。大手が運営するサイトは会員も多いですし、その分優秀な人も多く集まるため、企業も大手サイトに良い求人を出し、その良い求人がサイトに優秀な人を呼び・・・というサイクルで大手には良い求人が集まっています。多くの求人サイトを見てみましたが、実際年収の高い求人を扱っているサイト程全体的に好条件の求人を載せている印象を受けます。

年収が多いからと言って気をつけて

ごく一部の企業では、働く環境が過酷しすぎたり、社員に求めるレベルが高かったり、そういった理由で人が定着せず、緊急で採用する必要があるため、年収を高くしてでも人を雇おうとしている求人もあります。
求人を見ていて「この求人でこの年収は高すぎないか?」と感じたら、薬剤師の求人を出している企業を調べる癖を付けましょう。

まとめ

「年収600万以上」という好条件で登録してある求人を比べた結果、リクナビの求人数が一番多いという結果になりました。求人サイトの登録に迷った時など参考にして下さい。

▼【無料】リクナビへのお申込はこちら▼