薬剤師の転職・就職に失敗しないためのコツ

薬剤師という職業は、誰でもなれるわけではありません。
今では6年制の薬学部をきちんと卒業し、薬剤師の国家試験の受験資格を得た上で、当然試験に合格した者だけが資格を取得し薬剤師という職に就けるようになるのです。

しかし、そうやって苦労して薬剤師の資格を取得したものの、職場に満足出来なかったり、働き方に納得がいかないなど、不満を持っている方も見られます。

せっかくの薬剤師という資格を生かして、やりがいのある自分にあった職場を探して、就職や転職に失敗しないためのコツを以下にまとめてみたので、紹介したいと思います。

薬剤師として働ける職場

薬剤師としての資格を生かせる職場は、一般的に知られている医療機関や病院の処方箋を取り扱う調剤薬局だけではありません。

  • ドラッグストア
  • 保健所や警察
  • 大学
  • 製薬会社の研究所
  • 学校薬剤師

などでも勤める事が出来ます。

このように、薬剤師の働ける職場は複数あるのですが、どこも仕事内容は同じかと言ったらそうではありません。どういった職場を選ぶかによってその仕事内容も大きく変わってきます。

医療機関・調剤薬局の薬剤師の仕事

医療機関や調剤薬局などでの薬剤師の仕事は、薬の処方や管理がメインとなります。

ドラッグストアの薬剤師の仕事

チェーン展開しているような大型のドラッグストアの場合は、お客さんから症状を聞き出し、沢山ある市販薬の中から客の体質や症状に合った製品を選び勧めたり、市販薬の効能や使い方、副作用などについて説明出来なくてはいけません。

また、薬を取り扱うだけではなく、商品の品出し、値札の貼り付け、接客やレジの担当など、ドラッグストアの一店員としての役割を果たす必要があります。

大学・製薬会社の薬剤師の仕事

大学や製薬会社などで働く場合には、新薬の開発や薬の研究を行う事が、メインの仕事内容となるでしょう。
また、まだあまり聞き慣れない学校薬剤師として、幼稚園から高校生までの子供達が、皆健やかに勉学に励む事が出来るように、プールや水道の水質管理から給食室の衛生管理、保健指導者としての働き方もあります。

自分に合った職場を見つけるために

薬剤師の資格を生かして働ける場所の種類と、その仕事内容についてよく知り、その仕事内容から自分に合った職場を探すという方法は、有効であると言えます。

こうして仕事内容に納得した上で職場を決める事によって、いざ働いてみたら思っていた仕事内容と違ったという不満を減らす事が出来るでしょう。

薬剤師の資格があれば、どんな場所で活躍する事が出来て、どんな内容の仕事をするのか、実際に勤務する人の意見を聞くなど、多くの情報を集めてみましょう。

勤務形態について

薬剤師としての働き方の区分には、正社員だけではなく、パートや派遣といった勤務形態があります。

正社員として働く

正社員は、正規の雇用をされた社員の事で保障や保険、また各種手当てがしっかりとしており、雇用期間の定めがなく働く事が可能です。
こうした安定した働き方が出来るところが薬剤師として正社員で働くメリットと言えるでしょう。
ただし、基本的に正社員で働く場合にはフルタイム勤務になり、また責任も重くなります。

パートとして働く

正社員の他には、パートとして薬剤師の仕事に携わるという方法もあります。
パートの場合は給料や保障といった点では、正社員には及びませんが、家庭の事情や小さなお子さんがいて育児と仕事の両立を計りたい方には、正社員よりもパートという働き方が向いているでしょう。
パートといっても、薬剤師の場合は専門職のため時給も高く、短時間勤務でも十分に給料を得る事が可能です。

派遣社員として働く

また、以前は薬剤師という職業は派遣社員という働き方は認められてはいませんでした。
しかし、今では薬剤師であっても正社員やパートとは違う派遣社員という仕事の仕方もあります。

派遣社員のメリットは、自由度が高く、一定の期間だけ働きたい場合などにも有効です。
また、一つの場所に留まらず色んな職場で働いてみたいという人に向いています。
薬剤師の派遣社員の場合、パートの薬剤師よりも時給が高く設定されている事がほとんどです。
仕事における役割としては、パートで働く場合よりも専門性の高い仕事や責任のある仕事を任される事もあります。

自分に合う働き方を見定めよう

このように、薬剤師といっても正社員、パート、派遣社員では給与や待遇、働き方までが全く異なります。どの働き方にもメリットやデメリットがありますから、自分にはどの働き方が向いているのかよく考える必要があります。

もし、正社員として就職しても子育てなどとの両立を計れなかったり、急に休む事が多くては、職場での立場も悪くなり、気持ちよく働く事は出来ないでしょう。
逆に、お金を稼ぎたいにも関わらず、パートとしての働き方を選択すれば、正社員と違ってパートはボーナスも支給されませんから、働いているうちに不満が募って、モチベーションもダウンしてしまうでしょう。

どういった勤務形態で働くのかという選択は、仕事を続ける上で非常に重要となるのです。
求人を探す際は、この勤務形態にも注意を払い、自分の目的、ライフスタイルにあった選択をするべきです。

薬剤師専門の求人支援サイトを上手く活用する

今、求人を探す上で最も手軽で効率的なのが、ネットを使用した方法でしょう。
中でも、薬剤師の場合は専門の就職支援サイトがいくつも存在します。

こうした薬剤師専門の就職支援サイトは、医療機関、薬局、医薬品関連企業などと提携して薬剤師資格を持つ人の就職を斡旋するという業務を担っています。
そのため、非公開求人を多数扱っているなどのメリットがあります。

コンサルタントがつく求人サイト

また、求人サイトの中には違って薬剤師専門のコンサルタントがつき、希望に合った職場の紹介だけではなく、面接や見学などのアポイントメント、フォローもして貰えます。
登録は無料となっているので、気になるサイトには登録しておいても損はないでしょう。

良い転職活動をするために

ただし、こうした専門の就職支援サイトもボランティアで運営している訳ではありません。
提携先の機関や企業から、紹介料や手数料などを受け取る事で利益を出しています。
そのため、中には利益のために登録者の希望や意見よりも、とにかく早く職を決める事に熱意を燃やしているコンサルタントも少なくはありません。
そのため、サイトとの間でトラブルが発生するケースもあります。

勿論、相性の良いコンサルタントと巡り会え、こうした就職支援サイトを利用して上手く希望の求人見つけて就職する事が出来たという人もいます。
ですから、こうしたサイトにのみ頼り過ぎるのではなく、上記にも上げたように自分がどんな内容の仕事をしたいのか、どういった形態で働きたいのか、自分の意見をしっかりと持ち自らも情報を集めるなど積極的に行動していかなければなりません。

転職の成功の秘訣は入念な情報収集
⇒失敗しない求人が見つかるサイトはコチラから