薬剤師のパートの時給はおいくら?

薬剤師のパートは稼げる!

なんといっても、薬剤師は薬のスペシャリスト。
薬は、私たちが健康を維持していくために必ず必要になるものです。具合が悪くなったら、まず「薬を飲んで直そう」と思いますからね。
だからこそ、薬剤師の多くは調剤薬局やドラッグストアに勤めて

  • 処方箋にしたがっておくすりの処方を行う
  • 薬を買いに来た人に、市販の薬を選んで勧める

などの仕事をしています。
では、そんな薬剤師はどのくらいの時給を稼いでいるのでしょうか。

専門職である薬剤師は、それだけにパートとして働く場合の時給も高め。今は多くの薬を販売するドラッグストアも増え、そこでの薬剤師の需要も高まっていますので、必然的に薬剤師を必要とする職場は増えています。
それだけに、「薬剤師を雇いたい」という場所は多く、時給が高くなっているところもかなりの数を見ることができます。

基本的に、薬剤師の時給は「地方ほど高く、大都市では若干金額が下がる」と言われています。
なぜかというと、大都市というのは薬剤師が既にたくさんいて、人手が十分にあるため。
一方で、地方や特に離島の場合は薬剤師が不足していますので、大都市に比べて時給は高めになります。
一般的な職業だと、「大都市ほど時給が高くなる」と思われがちなのですが、薬剤師の場合は必ずしもそうとは言えないということになります。
もし、あなたが薬剤師のパートとして高い時給を稼ぎたいと思ったら、やはり地方で働いてみることをオススメします。

大体どのくらいの時給をもらうことができるの?

薬剤師の時給は都市部なのか地方なのかによってだいぶ違ってきますが、地方でしかも薬剤師が不足しているところだと3000円以上の時給がもらえるところもあるそう。
もちろん、ここまで高い時給のところは数が少ないですが、それでも2000円程度の時給はもらえる可能性がありますので、頑張って働けばそれなりのお給料を手にすることができるでしょう。
ドラッグストアでも時給が2000円程度のところがありますので、そう考えればかなり稼げる仕事だということが解りますね。

薬剤師のパートを探す場合は、自分が住んでいる地域の時給がどの程度なのかを調べておくといいでしょう。
良いパートをみつければ、高額所得も夢ではないお仕事です。