薬剤師のパートのお仕事を見つけるには

社会の高齢化に伴って、薬剤師の求人はますます増えています。正社員はもちろん、パートやアルバイトの求人も多いので、色々な働き方を選べるのが魅力ですね。求人が多いのは良いことですが、多くても選ぶのに迷ってしまうことがあります。薬剤師のパートのお仕事を見つけるポイントを考えてみましょう。
薬剤師のパートの時給はとても高く、地方都市でも1500円~2000円くらいのところが多いです。その地域のコンビニエンスストアのパートよりも2倍は高いといえるでしょう。地方都市では薬剤師の需要が多いにも関わらず人材が不足しがちなので、とてもよい条件で求人を出しているところが多いです。

時給が良い分仕事は大変

仕事を選ぶ際は少しでも時給が高い所を選びたい、と思うものです。ただし、時給が高いところはそれに比例して仕事が忙しい、と考えた方がよいでしょう。

まずは、求人欄で良さそうな仕事を見つけたら、実際に仕事の現場をのぞいてみることをお勧めします。例えば、時給が高めのドラッグストアではひっきりなしにお客さんの応対に追われて一日中大忙しかもしれませんし、時給が低めの調剤薬局では定期的に一定のお客さんが訪れるので比較的に余裕をもってお仕事ができるかもしれません。

薬剤師の求人はドラッグストアや調剤薬局が多いので、仕事場を見学するのは割と簡単にできます。まずは実際の仕事場を見て、時給と仕事内容のバランスを見てみましょう。

職場環境で気にするポイント

また、働く上では職場環境も重要なポイントです。新しいスタッフとして仕事をするのは誰でも緊張するものです。そんな場合でも、新規オープンするドラッグストアならば全員が新規スタッフですから、職場になじみやすい一方で、仕事の進め方など全て一から決める必要があり大変かもしれません。反対に、老舗の調剤薬局ならば新スタッフとして目立つ一方で、先輩スタッフが仕事の段取りを丁寧に教えてくれて助かる、なんてこともあるかもしれません。自分の性格やスキルと職場環境を考慮し、どういう職場に自分が馴染みやすいかを考えることが大切です。
求人が多く職場を選びやすい仕事だからこそ、色々な条件を吟味して自分にぴったりの仕事を見つけたいですね。