良い薬剤師の求人を見つけよう

気軽に立ち寄れる薬店として増加の一途をたどるドラッグストアをはじめ、最近では厚生労働省による医薬分業が推進されている結果、処方薬局が急激な増加を見せています。
こうした薬局や薬店の増加に伴って必要となってくるのが、薬剤師の存在です。
薬剤師資格を持つ人材を配置しておかない限り、処方箋に基づいた調剤作業や医薬品の販売作業などを行えないため、薬剤師自体の求人や雇用ニーズが急激な高まりを見せています。
ただし、薬剤師資格を持つ人にとって見れば、雇用の数自体が増えてみても、実際の雇用条件や各種手当ての内容を比較した上で就職先や転職先、或いはパートタイマーとしての職場を探すのが当然の行為です。今回は、そんな薬剤師としての転職を行う際に注意しておいた方が良いポイントやコツについてご紹介します。

どんな作業を担当したいかを明確にする

まず、薬剤師として転職を行う場合に最も重要となるのが、転職先での担当業務の内容です。

ドラッグストアの例

例えば、あるドラッグストアで薬剤師を募集しているとします。
この求人に応募してみると、実際の薬剤師としての業務以外にも、例えば、ドラッグストアを訪れる様々なお客様とのレジ業務など接客業務を担当したり、梱包されて届いた商品を実際に倉庫や陳列棚に並べる棚卸し作業など、一般的な店舗従業員と同じような作業を行う必要があります。
「せっかく薬剤師という資格を持っているのに、こんな作業はしたくない」と感じている方にとっては、正直、やり甲斐の薄い職場と言わざるを得ません。

ドラッグストアならではのメリット

反対に、薬剤師とはいえ、こうした店舗運営や経営に携わる業務も是非やってみたい!という方にとっては、ドラッグストアなど薬店での勤務は、まさに天職と言ってもいいかもしれません。

薬剤師の職場は閉鎖的な職場

或いは、近年の医薬分業によって増加の一途をたどっている処方薬局に務める薬剤師として転職した際には、基本的には処方業務や調剤業務、或いは患者さんに対して医薬品の説明や案内を行う業務など、薬品に関する専門的な業務や実地作業を担当する場面が多くなります。

「これぞ薬剤師の仕事!」と感じる方にとっては非常にやり甲斐のある最適な職場と言える反面、より広い環境で働きたいという希望を持っている方にとっては、正直なところ、とても閉鎖的な職場と言わざるを得ません。

このように、薬剤師という資格職被土地にしてみても、実際に働く環境によって、業務内容や毎日の生活環境自体にも大きな違いが現れる為、まず、転職を行う前段階で、ご自身がどんな仕事をやっていきたいのか?という明確なビジョンをしっかりと見据えた上で転職を行うことが大切なポイントです。やり甲斐のある職場を見つける事ができるだけで、その職場での勤務自体が長続きする可能性が高まりますし、やり甲斐や仕事に対する自信にも繋げることができます。

細かい条件がある場合は求人サイトの活用も有効!

近年、転職の際に活用することができる方法の一つとして注目されているのが、求人サイトの存在です。
求人サイトとは、医師や看護師など専門的な技術や知識を必要とする職業の方の転職をサポートする事を業務として運営されているインターネットサイトやエージェントの事を指します。

従来の転職活動

例えば、今まで転職と言えば、実際に自らの足で転職先や求人広告等をチェックし、最適な職場を探すという方法が一般的でした。
ところが、この方法ですと、仕事を続けながら転職活動を行うことが非常に困難ですし、交渉事が苦手な方にとっては、雇用条件や各種手当てなど雇用に関する様々な要件を雇用者側と交渉するという煩わしい面がデメリットとなっていました。
こうしたデメリットを明確な形で防ぐことができる上で、最適な転職先を見つける事ができる方法として一躍人気となったのが、この転職サイトなんです。

求人サイトでできる事

転職サイトは、今や数十社にのぼる勢いで増加しており、利用者側はインターネットを通じて登録を行い、自分の希望する給与や雇用に関する条件をあらかじめ設定しておくだけでよく、後は、転職サイトに登録された様々な雇用者の中から最適な転職先や就職先を転職サイト側が選択し、利用者側に提示してくれるというもの。

通勤時間・給与など細かい条件の指定が可能

そして、特に転職サイトが有利となるのが、あらかじめ設定することができる各種条件が非常に細かく設定できるという点です。
例えば、給与に関しては最低額や最高額を設定することができますし、自宅から徒歩や電車、車で何分以内の通勤圏内にある職場を強く希望することも可能です。

或いは、各種社会保障に関する条件を設定したり、実際の業務内容に対しても指示を行うことができます。調剤作業をメインに行いたい場合や、製薬業務に従事したい場合も、それらの希望を条件としてあらかじめ設定することができ、こうした条件に沿う形で的確な転職先の情報を提示してもらう事ができます。

ですから、転職の際に様々な条件や希望を明確な形で持っている方ほど、転職サイトを利用した転職が大変有利となるので、是非活用してみてください。実際の利用に関しても、無料で登録し利用する事ができる転職サイトが大半を占めているので、安心して利用することができます。

インターネット上の口コミ情報も参考に!

現在、薬剤師の資格を有効に活用しながら働く事ができる職場環境のほぼ半数以上が、医薬品を求める患者さんやお客様など部外者の方との接客業務が必要となる環境であると言われています。
ごく一部ですが、製薬会社所属の薬剤師のように、製薬業務や医薬品の管理業務に携わる職種を除けば、ほぼ全ての職場環境に接客が絡んでくると思っていただいで良いでしょう。
ですから、接客業務が発生する職場ゆえの特徴として、必然的に顧客の視点から見たその店舗や職場に対する評価が何らかの形で現れてきます。
例えば、薬剤師を必要とするドラッグストアや薬局の場合、こうした各種店舗に対し、実際に利用した事がある顧客や消費者側からの様々な意見や感想が何らかの形で存在しています。そして、こうした顧客側の意見や感想をチェックすることも、最適な転職先を見つけるという意味で大変重要なポイントの一つとなります。場合によっては、顧客の意見を参考にすることで、その職場の人間関係や接客に関する経営方針など求人広告や情報だけでは決して見えてこない具体的な部分も垣間見ることが出来ます。

最近では、こうした顧客や消費者側の意見を口コミという形で集計し掲載している場所が、インターネットを中心に急増しています。例えば、全国各地に点在しているドラッグストアや薬局各店に対して、実際に利用した事のある利用者が、「接客はどうだった
」であったり「店員の態度がよくなかった」など、様々な形で利用した感想を投稿しています。
一見すると、こうした情報は、あくまでも店舗を利用する利用者側に役立つ意見のように思われますが、こうした消費者からの目を活用することで、そのドラッグストアや薬局がどういった形で営業を行っているのかを明確に把握する事ができるというわけなんです。
こういった口コミ情報は、求人広告や求人情報だけでは決して知る事ができない非常に大切な情報と言えますから、実際にお目当ての転職先が幾つか候補として見つかった際には、口コミ情報を確認した上で、その候補がどういった経営を行っているかなどをしっかりと把握しておくことで、後悔しない転職を行う事ができます。

良い求人を探す際のポイント

薬剤師に関する転職のコツとしては、以上のように様々な方法やポイントが存在しています。
100%満足出来る、後悔しない転職先というのはほぼ存在しないといえるからこそ、少しでも後悔しない点や不満点を減らすことで、より満足出来る転職先を見つけることができますから、様々な方法を活用して最適な転職先を見つけてください。